マヌカハニー

マヌカハニー

ニュージーランドでは長寿の食べ物と呼ばれる
純度100%のオーガニックハニー

ニュージーランド

マヌカとは、ニュージーランドの先住民マオリの人々が“復活の木”と呼び、昔から飲用、傷などの治療薬として珍重されてきた薬木です。そのマヌカの花から集められるハチミツが、マヌカハニーです。ビタミンB群、ビタミンC、カルシウム、グルコン酸(善玉菌を増やします)などのたくさんの栄養と各種ミネラルが豊富に含まれ、また数あるハチミツの中で、マヌカハニーの殺菌力の強さは群を抜いていることが証明されています。


世界トップクラスのオーガニック基準を
クリアした確かな品質

マヌカハニー

ハチミツの品質において、世界トップクラスの水準を誇るニュージーランドでは、「養蜂場の半径5kmは農薬不使用であること」など、オーガニックの認定基準も厳格に定められています。ことぶき商事では、マヌカハニーの輸入に際しては、ニュージーランドの現地を訪れ、誠実にマヌカハニーを作り続けている生産者ご家族と直接お会いし、全幅の信頼を寄せた安全で高品質の商品をお客さまにお届けしています。




マヌカハニーの抗菌作用

マヌカハニー

○マヌカハニーにはレッドとグリーンの2種類があります。この2種類は殺菌・抗菌作用のレベルで分けられており、レッドのほうがより抗菌作用が高くなっています。
○当社では、アクティブ数値+4〜+14がグリーンで、+15以上をレッドと分類しております。
○マヌカハニーの抗菌作用は、虫歯の原因ミュータントにも作用するといわれています。ニュージーランドの小学校では虫歯予防対策として使用されています。
○マヌカハニーの抗菌作用は、悪玉菌にのみ効果があります。ヨーグルトなどに含まれる乳酸菌(善玉菌)には影響はありませんので、ヨーグルトと一緒に食べていただいても抗菌作用が減ることはありません。

当社の扱うマヌカハニーの抗菌性指標

[アクティブ酵素値・UMF]
マヌカハニーにはUMF(Unique Manuka Facotor:マヌカハニー特有の成分)という指標があり、これを当社では同じ意味として「アクティブ酵素値」として表示しております。例えばアクティブ酵素値+10だと、一般的な消毒剤であるフェノール溶液の10%濃度に相当する抗菌力があることを示しています。
[MGO]
マヌカハニーには、熱や光などの環境変化の中でも安定した抗菌作用を示すメチルグリオキサールが含まれており、これが多く含まれているほど、細菌性の病気の予防・改善に優れた効果を発揮します。このメチルグリオキサールの含有量を示すMGOという指標が設定されており、MGO値が高いほど、抗菌作用も高いと判断できます。

マヌカハニー レッドラベル MGO300 5600円(税別)
マヌカハニー グリーンラベル MGO100 3800円(税別)

※価格は輸入時により変動する場合がございます。

ページトップへ